Pontasanの日記

FFXI、バイク、子供、スマホ、飲食。Twitterでは呟ききれない事を書いています(´ω`*)

FF7をエアリスが生きたままクリアする☆

発売当時クリアだけして全くやり込み要素をやっていなかったFF7
時は流れてストーリー上、必ず死んでしまうエアリスが
生きたままクリアできる裏技があるという。
そんな事を知ってしまったらやらずにはいられないおっさん
こんばんは、ぽんたです。

以前の記事でも書きましたが

エアリスが生きたままクリアする為に必要な物をすべて揃えて
更にはその裏技を使うと取れなくなってしまうアイテムがありますが
それら取れないアイテムを最初から持っている
不思議なデータディスクも用意してゲームをスタートしました(´ω`*)

最初から最強装備まで

全てを持っている状態でスタートしてしまう為
やり方によっては、ゲームの難易度はかなり低くなってしまいます。
楽しむといった意味での要素はかなり低くなってしまう可能性があります。
本来の入手時期まで使わないという縛りをすれば問題なく楽しめると思います。
私?最初から最強装備を使ってしまいましたw
今度初めからやる際は、不思議なデータディスクは使わずにやろうと思います。
今回はエアリスを生きたまま、更に最強に育てあげる為に使用しました。

最初からすべて持っている事での弊害

マテリアには所持上限があります。
装備しているマテリアとは別で200個が上限です。
もし上限に達している状態でマテリアがマックスまで
成長して分裂してしまうと
新しく生まれたマテリアが消滅してしまいます。
それが店で売っている物であればいいのですが
入手手段が限られている物の場合
その後増やす事ができなくなってしまいます。

そう、初めから非常にたくさんのマテリアを持っている事もあり
この上限に達しやすいのです。
そんな上限がある事を知らずにDisk1でミディール付近の海岸で
マテリアを育てまくってしまい
この上限に達してしまいました(´ω`;)

このままではまずい!

ストーリーを進めていくと、マスターマテリアといって
種類の同じマテリアをすべてマスターにした後に
1つにまとめる事ができるようになります。
これを利用すれば溢れかけているマテリアを正常化できる!
よし!ストーリーを進めよう☆となりました。

FF7はDiskが3枚ある

ストーリーを進めていき、マスターマテリアを作れるようになりました。
しかし、マスターコマンドはできたのですが
他はまだマスターが揃っていないようでまとめられませんでした。
それならと、ストーリーはDisk2のうちは
まだまだ進めてもいいだろうと
ガンガン進めていきました☆
そしていよいよDisk3まで進みセーブをしました。
そうセーブしてしまいました・・・(´ω`;)

Disk3はもう最終決戦のみ

えーwもう戻れないじゃないかーw
このゲームを昔プレイしていたのはもう20年近く前です。
覚えているわけもありませんでしたw
私のバカバカ!

キーアイテム ヒュージマテリア

全部で4つ集める事になるヒュージマテリア。
そのうちの2つまで集めているところの
セーブデータが残っていました。
ここからやり直す事で最小限の労力でやり直しができそうです。
しかし、せっかくクリア目前まできましたので
どうせなら1回クリアをしてしまおう!となりました(´ω`*)

今回の目的

もう何度も書いていますが
『エアリスが生きたままクリアする』です。
もちろんエアリスは生きています。
しかし、場面場面でエアリスがパーティにいるとフリーズするので
後半はパーティから外したまま、進めていました。
でもラストバトルはフリーズしないようです。
となると、使わない手はありません。
というより、せっかくならエアリスだけで倒してしまおう!

エアリス1人でラストバトル

最終決戦前の雑魚戦でクラウドとティファに離脱(HP0)して頂き
戦闘開始です。
やり込みの途中だった為、レベルも95止まり。
ドーピングアイテムを即席でエアリスに使い、強化しました。
使わなかった場合との比較をしていないのでわかりませんが
クリティカルが出るとラスボス相手でも
9999のカンストダメージが出る程の
強い女性に成長しました(´ω`*)

YouTube動画

youtu.be

最終決戦は録画してYouTubeで見れるようにしました。
まだ育成途中なのに圧倒的強さでセフィロスをねじ伏せる
エアリスさん、いや、エアリス様の雄姿を是非ご覧ください(´ω`*)

最後に

読んで頂きありがとうございました。
また別の記事でお会いできると嬉しいです(´ω`*)

関連記事

pontasan.com

pontasan.com

Copyright (C) 1997, 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.